危険なことは一切なかったぜ

絶対にないとは言い切れない話なのですが以前から知っている人と出会い系サイトの中で出くわすといった例が実際にあるそうです。
しかし、この時点では気恥ずかしさはあるもののことさら問題が大きくなる訳ではありません。

それよりもプロフィールに顔写真を登録していると冗談半分でサイトを利用している知人がいると自分が出会い系サイトを使っているのを周囲に言いふらしてしまう事があります。その上、顔写真だけが勝手に他の悪事に利用される事もあるので明らかに個人を特定できるものは避けた方が良いです。

正装してスタジオで撮影が常識のお見合い写真と異なり、出会い系アプリで使用する顔写真であれば、見た目を加工できるプリクラ画像でもOKですし、加工アプリを使って容姿を美しくしたものでも問題ありません。とはいえ加工しすぎて本人とかけ離れた顔写真では、リアルで会った際に相手が驚いてしまい、ジ・エンドというケースもあります。あまり自分の見た目に自信が無い人は、写真を飾るよりもありのままの姿で会いに行った方が成功するのではないでしょうか。

合コンブームはすっかりと去った昨今出会いたい男女のために旅行を通じて仲良くなろうという企画がありますが、知り合いがいない環境でどうしていいかわからないという控えめな方は案外いるものです。前へ出過ぎない性格なら、出会いをサポートしてくれるサイトを通すことで、メッセージで事前に相手のことを知れますから、初心者でも安心です。自己紹介が終わっている状態ですので、人見知りすることなく、話ができるでしょう。

私はよく出会い系サイトを利用しているのですが、それを知った友人は「大丈夫?」とよく心配したものです。しかし、少なくとも私の場合は危険な目に遭ったことはありませんでした。当然のことですが、サイト上でのやりとりにおいてこちらの本名や住所について教えるような真似はせず、直接会うことになっても、人が周りにいるカフェなどを待ち合わせ場所に指定すれば危険な目に遭う確率は格段に下がります。危険なことをもたらしそうな人とは、いきなり密室で会うことを提案してくる人であったり、夜の時間帯を待ち合わせ時間に指定する人もできるだけ避けるべきです。ネット上で知り合った恋人とそのままめでたく結婚した友人ですが、彼と知り合った最初のきっかけは実は出会い系のサイトでした。出会い系といっても結婚を前提とした真面目な相手を探すサイトだった様で、正式にお付き合いしてからは非常に相性が良いと思い出会ったその日にこの人と結婚すると直感で思ったそうです。

そうして幼馴染のように気軽に話し合える二人をみて最近の出会い系サイトはなかなか進化していてこんな素晴らしい出会いがあるんだなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー